アジャイル開発に学ぶ

「PO/ディレクターのためのチーム開発講座」

1つのシステムを開発するにも、そこには多くの利害関係者が関わってきます。 PO/ディレクターは、それぞれの利害関係者から挙がってくる、様々な要望、要件を理解し、大局的な視点から、優先順位をつけていく必要があります。しかし、実際には利害関係者の声の大きさに左右されてしまい、自分で決めたにもかかわらず、その優先順位に納得がいかない事はないでしょうか。 そして、その要件をエンジニアに伝えても、見積もり工数を大きく超え、出来上がってくるまでには時間がかかるし、確認できる段階になって初めて、思っていたものと違う見た目や挙動をするシステムになっていることに気付くことはないでしょうか。 アジャイル開発には、このような問題に対する解決策のヒントがあります。

講座概要

本講座では、実際に受講者が抱える課題を用い、アジャイル開発の実践によって課題解決に導く手法を学んでいただきます。

講座の初めに受講者が感じている問題を共有し、これらの問題が、アジャイル開発でどのように解決できるか、またはできないかを確認しながら、講義・ワークショップを進めていきます。

少人数制の本講座では、2000年からアジャイル開発を実践・指導してきた経験豊富な講師から、事例を交えながら学んでいただきながら、合わせて演習を体験することで、受講者の皆様の普段の仕事の仕方とのギャップから多くの気づき、学びを得ていただき、実業務で使えるヒントを多く持ち帰っていただくことが期待できます。

受講で身につくこと

  • アジャイル開発に関する基礎知識

  • 短期間でのサービスリリースの方法

  • プロジェクト利害関係者との調整方法

  • 開発との要件の調整方法

  • 要件の優先順位の付け方

  • など







講師紹介

天野 勝(あまのまさる)

株式会社永和システムマネジメント
コンサルティングセンター センター長

総合電機メーカーの情報システム部を経て、2002年10月より現職。オブジェクト指向をはじめとするソフトウェア開発技術および、アジャイルソフトウェア開発手法の導入に関するコンサルタントとして活躍。「システム開発に潜むムダを取り除き、 システム開発に関わる全ての人が適正な価値を持続的に得る」をスローガンに、各方面での講演、執筆活動を行う。-プロフィール詳細-

-著書-

開催要綱

▼開催日時:

不定期
※お問い合わせください。


▼講座内容・スケジュール:

◇第1章:アジャイル開発概要
 ・アジャイル開発が登場した背景
 ・プロダクトオーナー(PO)という役割
 ・様々なアジャイル開発手法
◇第2章:プロジェクトの立上げ
 ・インセプションデッキ
 ・ユーザーストーリー
 ・相対見積もり
◇第3章:進捗管理
 ・イテレーション計画
 ・バーンダウンチャート
 ・ベロシティ
◇第4章:フィードバック
 ・レビュー
 ・ふりかえり会
◇第5章:開発生産性を向上させるための技術
 ・ソフトウェア品質の考え方と生産性の関係
 ・ユーザーストーリー分割によるスコープ調整
 ・対立解消図を用いた発想法
 ・用語辞書としての概念モデリング

▼受講費用

¥20,000(税別)

この講座を受けてみたい

▼場所

株式会社永和システムマネジメント東京支社
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2丁目3番地1号
NBF神田須田町 7F

-講座運営元情報-

UXアカデミー(株式会社クルージャ)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目23−5(学びラボ広尾内)

お問い合わせ先 TEL:03-3598-8331 Email:info@u-x.academy